在宅医療 Home Care Medicine


在宅医療とは、通院が困難な患者さんのご自宅(介護施設を含む)に医師が定期的に診療に伺い、継続して患者さんの診察及び健康管理を行うものです。

 

在宅での終末期医療、緩和ケア、お看取りにも対応しており、ご自宅での生活をサポートいたします。

 

また、在宅医療の目的は単に病気の治療だけではなく、入院が必要な状態を未然に防ぐことです。訪問看護ステーション、介護事業者の方々、訪問薬剤師や訪問リハビリテーション、訪問歯科など他職種と連携しながら、転倒や寝たきりの予防、肺炎や褥瘡などの対策、栄養状態管理など、種々の健康管理を行います。

 

万が一入院が必要な場合には、連携している後方病院に連絡し、入院や診察の手配をいたします。

 

なお、在宅医療は外来診療扱いとなり、健康保険が適用されます。

自己負担の目安は下記の通りです。


費用について

1)ご自宅で療養されている方の場合

1か月あたり   1,500円(概算)

 

1割負担/月2回の訪問診療・処方箋の場合


2)施設で療養されている方の場合

1か月あたり   1,000〜1,500円(概算)

1割負担/月2回の訪問診療・処方箋の場合

施設の種類 (区分) や診療方法 (集団診療または個別診療) により異なります。

※初診月は上記と異なります。
※医師の訪問回数が増える場合、1回につきおよそ+833円となります。
※検査や処置、電話相談 (電話再診) 、臨時往診などを行う場合、別途費用が加算されます。

※院外処方となりますので、薬剤費が別途必要です。
※保護世帯の方は自己負担はありません。
※インフルエンザなどの予防接種、診断書などの作成に関わる費用は自費負担となります。



訪問範囲について

当院の訪問範囲はクリニックからおよそ10kmです。
それ以上の範囲でも訪問できる場合があります。

別途お問合せください。